合宿免許と通学制の教習の違い

合宿免許と通学制でも基本的な教習内容は一緒です。
これは国から指導されていることもありますが、自動車免許を取るための試験要項に沿ってカリキュラムが作られているからです。



しかし、同じ目的があるのにコスト、かかる時間で大幅な違いがあるのに驚く方が多いようです。合宿免許と通学制でもっとも大きな違いは時間です。



通常1ヶ月半程度かかるカリキュラムなのに合宿免許では2週間前後で取れます。

これはカリキュラムを蔑ろにしているわけではなく、1日の大半をかけてカリキュラムが消化されるからです。

講義と実習を日中に行うことで通学制よりも集中してこなせるのです。

また、実習において乗り越しが発生してもカリキュラムを終えられるまで実習が続けられるのもメリットです。



通学制では当日の乗越は翌日に振り分けられるケースが多く、どんどん日数がかさむ原因ともいえます。コスト面でも大きな違いがあります。

一般的に通学制の半額以下という設定が多く、その中に宿泊費、カリキュラム、乗越費用が入っていることが多いです。

特に乗越費用は通学制ではとても高く設定されていることが多いのでトータルコストではさらに違いが出ることになります。

コストを抑えられる理由としては教習所の稼働率が上がるからと言われています。
また、短期間で大量の人員に指導できますのでコストダウンがどんどんできるのです。

しかも、短期間で覚えてもらうために教員もしっかり確保されており、免許取得がしやすい環境が整っています。